書類溶解
処分
サービス

廃棄書類・機密書類を
確実に溶解抹消。
50年以上の実績で
安心をお届けします。

不用になった書類・機密文書を安全・確実に抹消し、
会社や個人の大切な情報を守る、ワラケンの書類溶解処分サービス。
書類とバインダーなどの分別が不要で、
梱包したまま開封せずに完全溶解。
いつでもどなたでも、納得の価格でご提供します。
書類保管から廃棄まで、トータルでお任せください。

  • 分別不要No need
    to sort

    ファイルに綴じられた書類でも、そのまま箱に詰めるだけなので廃棄書類処分の効率がUP。
    すでに箱に入っている書類は、そのまま溶解処分可能です。

  • 完全溶解Complete
    dissolution

    無開封のまま箱ごと溶解処理。
    書類は完全溶解後、
    金属・プラスチックと自動分別され、製紙原料へ。
    第三者の目に一切触れず安心です。

  • 証明書発行Certificate
    issuance

    書類を確実に処理した証として「溶解証明書」を無料で発行。
    ご希望の方は、溶解処理の現場にお立ち会いも可能です。

ワラケンが選ばれる3つのポイント

  • plan01

    スポット回収
    プラン

    量が多い、指定した日時に回収してほしい、梱包作業、階段搬出作業等の付帯作業もお任せください。お客様ごとのオーダーに合わせたサービスです。

    詳細はこちら
  • plan02

    エリア限定
    小口プラン

    K.Kボックスパック

    専用段ボール箱(5枚セット)を事前にご購入ください。いっぱいになれば1箱から自社社員が定期便で回収するサービスです。

    ※名古屋市内と岐阜県多治見市内及びその近郊限定サービスです。

    詳細はこちら
  • plan03

    全国宅配便
    回収プラン

    セキュリティーパック21

    ゆうパックのセキュリティサービスを使って回収します。書類はもちろん、手紙、アルバムなども処理ができる業界でも数少ないプライバシー重視の個人向けサービスです。法人のお客様もご利用可能です。

    セキュリティーパック21はこちら

箱ごと溶解にこだわる理由

ファイルやバインダーに綴じられた書類やクリップの付いた書類も分別不要で処理できます。無開封処理の為、書類の情報が第三者の目に触れることはありません。溶解処理後は、トイレットペーパーやダンボールなどにリサイクルされます。

ワラケンの処理の特徴

安全と確実を第一に考え、さらに付加価値としてお客様の手間をとらない溶解処理を推奨しています。

ワラケンの溶解処理 よくある溶解処理 破砕処理
対象廃棄書類 バインダーや
とじ具付き書類でも可※分別不要
原則 紙のみ
(バインダー等の除去必要)
原則 紙のみ
(バインダー等の除去必要)
処理工程 製紙工場へ箱のまま搬入 開封分別後製紙工場へ搬入
又は
製紙工場へ箱のまま搬入
破砕処理
→ 製紙工場へ搬入
箱ごと処理
(可能施設と不可施設あり)

(可能施設と不可施設あり)
業者による開封 開封なし
(箱ごと処理不可施設は開封あり)
バインダーや
金具付書類は、
除去の為、開封あり
処理後の状態 液状 液状 紙片
(細かい字は判読可能の
場合有り)

溶解処理工程の動画を見る

ご注意

書類溶解サービスは基本分別不要ですが、あくまでも書類を処理するサービスです。
下記以外の混入処理はできませんのでご注意下さい。

処理
可能品目
  • ● 書類、紙類
  • ● 書類をファイルしているバインダー、クリップ、クリアファイル、綴じ紐
  • ● カーボン紙、窓付封筒、写真、アルバム等の紙製品

その他、廃棄物でお困りの場合は、
『オフィスの不用品処分サービス』をご利用下さい。

more

Contact

お問い合わせ

ご不明な点などございましたら、下記電話番号またはメールフォームより
お気軽にお問い合わせください。

0120-166-450 9:00~18:00(土日・祝日除く)

書類保管サービス専門
お問い合わせ窓口

0120-325-556 9:00~18:00(土日・祝日除く)